IR情報をベースに株購入のコツ

IRとは、InvestorRelationsの略で、企業が投資家との関係を良好にするための活動のことです。すなわち、企業は自社の株式を購入してもらうために、会社の経営状況を投資家に伝えるための活動を行っているということです。ですから、株式を購入する際には、このInvestorRelations情報を参考にすることができます。例えば、その会社のホームページを覗いてみれば、IR情報の欄がありますし、IR活動の一環として個人投資家向けの説明会が開催されることなどもあります。それでは、このようなInvestorRelations情報をどのように活用していけば、株式の購入に役立てることができるのでしょうか。以下では、この点について検討していくことにしましょう。

インターネットのホームページの活用

まず、購入したい株式や既に購入済みの株式がある場合、その会社のホームページにおいてInvestorRelations情報の欄を見れば、正確な情報がつかめます。例えば、今期の配当金がいくらになるのかとか、株主優待としてどのようなサービスが受けられるのかなどの情報が、ここを見ればわかるようになります。ただ、インターネット上のInvestorRelations情報を見ただけでは、なかなかその企業の全体像を理解するのは難しいと言えるかもしれません。もちろん、そこに書かれている情報を逐一読んでいけば、その企業のことを正確に理解するのも不可能とは言えないかしれませんが、やはり短時間のうちに効率的に全体像を把握するためには、信頼できる人からの情報を聞くのが近道だと言えるでしょう。

個人投資家向け会社説明会の活用

それでは、信頼できる人から会社の情報を聞くような機会があるのかと言いますと、InvestorRelations部門が開催する「個人投資家向け会社説明会」というものがあるのです。それでは、どこに行けばこのような説明会を聞くことができるのかと言いますと、証券会社のセミナーなどに参加していますと、このような説明会が開催されることがあります。講師としては、InvestorRelations部門の室長が説明を行うこともありますし、役員レベルの人や社長自らが説明を行ってくれる場合などもあります。ですから、証券会社の専門家が講師となっている通常のセミナーとともに、このような「個人投資家向け会社説明会」を聞いておけば、非常にバランスのとれた情報を得られると言えるでしょう。

今あるノウハウを駆使して執り行う証券代行サービスは、長年の知識と経験を持って絶対の自信でご提案いたします。 有事案件や株主通信等の企画を受託対応する事により、お客様にご満足頂けるサービスを、提供出来る事が他社との違いです。 当社では、証券代行機関として質の高いサービスを良心的な価格で提供しており、お気軽にお問い合わせいただくことができます。 IR・SRに関連するキーワードが掲載!