IR情報からみる良い企業の位置づけ

IR情報は、上場企業が投資家のために開示している情報です。過去から現在までの情報が整理されており、経常利益や配当の推移を簡単に見ることができます。また、株主へ送られる事業説明のパンフレットと同じように、会社の事業内容やこれから注力していく分野についても非常に詳しく記載されています。投資家が見る指標として、一株当たりの資産額や利益額などがあります。これらを株価に当てはめることでPERやPBRを計算し、株価が長期的に見て割安かどうかを判断します。最も基本的なファンダメンタル分析と言って良いでしょう。配当額の推移と今期の経常利益を見ることで次の配当額をある程度予想することも可能です。投資を行っているときは定期的に見ておきたい情報が詰まっています。

得られる情報を新たな投資判断に役立てる

株式投資を始める際、どの会社の株を買おうかと思い悩むものです。同じ業界は同じ傾向の値動きをするものですが、大手企業の中でも騰落率には違いが生じます。IR情報では会社の財務状況について知ることができます。この数年間の利益の伸び率や自己資本比率を確認できます。これらの数字を同業他社と比較することで、今後も安定した成長が望めるかを判断します。また、新商品の開発や注力する分野を知ることで、これから株価が上がるかどうかの仮説を立てます。開発されることで同業他社に大きなアドバンテージが取れるものをどの企業も持っているはずです。それが株価に反映されてくるかを考えることも有効な分析方法になります。チャートの形などでテクニカル分析を行う投資家には縁遠いものですが、長期投資家には不可欠な情報です。

IR情報を考慮した長期投資のすすめ

株式投資は、不動産投資と並んで投資の王道と言われています。市場参加者の数が多いことや、歴史の長さがそう言われる理由です。あくまでも長期の投資が前提となるものです。世間では短期間で大きく儲ける可能性があるFXなどの金融商品が注目されていますが、リターンにはリスクが付き物です。まして通貨の値動きは一般人に予想できるものではありません。将来に対して希望が持てる企業を探し、配当を中心とした利益を取っていく長期投資こそが本来の投資と言えるでしょう。短期間の値動きで利益を出すのは単なる投機です。個人へのインターネットの普及により、企業のデータに関しては機関投資家と変わらない時期に手に入るようになりました。選んだ企業を信頼し、根気よく利益を積み重ねていきましょう。